就活には清潔感が第一

就職活動を円滑に進めるためには、とかく身だしなみというものが大切になってくる。面接をするときに、もし身だしなみが崩れているようなことがあったら大きなマイナスポイントとなってしまいかねない。特に学生は就活用のスーツを一着しか持っていないという人が多く、その一着しかないスーツを使いまわしているとどうしても汚れが目立ってしまうものだ。そこで、こうした身だしなみを整えるために使えるお役立ちアイテムというものを日ごろから持っておくと便利である。たとえば、スーツの汚れが目立つというようなとき、そのままの恰好で説明会や面接などに臨んでしまうと印象が悪い。そんな時、エチケットブラシを持っておくと良いだろう。エチケットブラシはコンパクトで簡単に携帯できるうえ、いつでも取り出してスーツの汚れを落とすことができるので、いざという時にも身だしなみをしっかり整えることができる。鏡のついているものであれば、見えないところのスーツの汚れなども確認でき、さらに役立つ。何度も着替えができないからこそ、こういった小物やアイテムを常に持ち歩いておくということが大切だ。とりわけ夏場などは、汗をかいてスーツにシミが出てしまったりもする。普段着なれないスーツを着ていると、食事の際に汚してしまうということも良くあるだろう。だからこそ、シミ取りのシートやシミ取り剤などを持ち歩いておくと役に立つ。また面接会場の温度が高く、緊張していることもあり、汗をかく人もいるだろう。ハンカチとティッシュくらいはエチケットとして持てるのは当たり前。清潔感がアピールできるよう、爪や靴の汚れは落とし、いつもきれいにしておけると良いだろう。